Event is FINISHED

平家物語でアクティブ・ブック・ダイアローグ®夏の神戸須磨へ行こう!

Description
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる者久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き人も遂には滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 」

祇園精舎の鐘の響きは、この世のすべてが変化・流転するという真理をつげられた。聖木である沙羅双樹の花も色あせて、勢いさかんなものも 必ず衰えるという真理を示した。絶頂にあっても長くは続かない。まるで春の短い夜のはかない夢のように。どれだけ威勢を誇っても最後は滅んでしまう。まるで、風に吹き飛ばされる塵のように
(現代語抜粋、角川ソフィア文庫より)

美文としても名高い平家物語の冒頭の一節、みなさんも、一度は耳にしたことあるかと思います。

一方、このような古典に触れるということ、現代のわれわれは、縁遠い生活になっているかもしれません。世の中の変化のスピードが早く、将来が見通せない今だからこそ、過去の古典に直接触れて、そこに込められた、日本の先人たちの叡智を学ぶことの意義は大きいのではないでしょうか?

特に平家物語は、12世紀、平安貴族社会から、12世紀、鎌倉武家社会への移行期に、武士の精神のみならず、能、歌舞伎という、日本の重要な古典芸能に大きな影響を与えているのです。

そこで、源平合戦の重要な舞台の一つ、神戸市須磨で、超参加型読書会アクティブ・ブック・ダイアローグ®(ABD)を企画いたしました。

平家物語の原文に、参加者のみなさんとで直接触れて、その次代の人々の想いにふれるとともに、ゆかりの地を散策します。

こんなことにピンときた方、ぜひお越しください。皆さんの参加お待ちします。

こんな方におすすめです⇒

  • 初心者でもやさしくとりくめる本で平家物語をいっしょに読んでみたい!
  • ABD開発者、ABD認定ファシリテーターとともに、古典をABD読書会で読む時の工夫を探求してみたい!
  • 須磨の地を、平家物語の視点で、探訪してみたい!
  • みんなでとにかく本について語りあいたい!
  • 勉強、散策のあとに、美味しいビールを飲みたい(オプション)

★読書会テーマ本:角川書店ビギナークラシックス「平家物語」角川ソフィア文庫 @778円
あらすじ、通釈が、原文の前についていて、初心者にも読みやすい内容です。
参加される方は、事前学習は不要ですが、できましたら、書店等で入手の上、当日持参ください。この本の持参割引あります。

★読書会会場:神戸市須磨、須磨離宮公園の和室
http://www.kobe-park.or.jp/rikyu/

★ファシリテーター 竹ノ内壮太郎 ABD開発者

          にしいさちこ ABD協会認定ファシリテーター

★日時:令和元年8月24日(土)13時半より

★当日スケジュール
13時開場
13時半ー開会からABD
16時ー須磨寺他ウォーキングツアー
17時半ー振り返り懇親会(オプション)
20時終了

★参加費:2,500円(指定テーマ本持参者は2,000円に割引)

★24歳以下の学生は、参加費無料とします。


★懇親会:3,000-4000円程度

 

★★準備の都合上、申し込み締切り 前日23日21時とさせていただきます。


★★キャンセルポリシー

24日当日朝9時までキャンセルは無料です。

それ以降は、運営費1,000円のキャンセル料いただきます。


主催:京都マイツール会
共催:神戸でアクティブ・ブック・ダイアローグ

協力:アクティブ・ブック・ダイアローグ協会
http://www.abd-abd.com

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#463378 2019-08-18 08:50:20
Sat Aug 24, 2019
1:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加2,500円(本持参なら2,000) FULL
終了後懇親会(3,000-4,000円程度) FULL
24歳以下の学生(参加費無料) FULL
Venue Address
神戸市須磨区東須磨1−1 Japan
Organizer
アクティブ・ブック・ダイアローグ
27 Followers